教職員のための

セクシュアルマイノリティーサポートブックの紹介

教職員のためのセクシュアルマイノリティサポートブック(Ver.4)

 

 どのように生まれてくるかは選べなくても、どのように生きるかを決めるのはその人自身です。

 私たちは、性別・性自認・性的指向・性別表現にかかわらず、すべての子どもたちの教育機会と、情報を知る権利、自分らしい表現、それぞれの自己決定が保障され、尊厳が守られることを願っています。

 未来を担う子どもたちが多様な性のありようをうけとめ、希望を持って自分らしく学校生活を送ることができるよう、そして、マイノリティの子どもたちにとって、学校が安心・安全で居心地の良い場所となるよう、この冊子を活用していただければ幸いです。

2018年1月

教職員のためのセクシュアルマイノリティサポートブック制作実行委員 一同